マタニティ

つわり中でも美味しい食べ物3選とストレス軽減のためにやめたこと2選

なつはな

なつはなです。1年の専門クリニックでの不妊治療の末授かり、現在つわり序盤戦です。

容赦ないつわりへ対応を考えました。

妊娠を喜んだのもつかの間…。

5週目の終わり頃からつわりの症状が出始めました。

  • 吐くほどではないですが、常に気持ち悪い…。
  • 朝や昼食後に吐き気がひどくなる傾向。
  • 突然食の好みが変わったのか、自分の料理が美味しくない。
  • 冷蔵庫にある昨日までのお気に入りの食材でも見るのも嫌

私の6週目の症状はこんな感じです。

なつはな

なんだか別人になった気分です。

症状は違えど、週数が近い方は同じように苦しんでおられると思います。

私なりの解決策として、

  • 食べられる食材が減ってしまった今だからこそ、美味しさに気づいた食材
  • つわりの原因のストレスを解消するために一時的にやめたこと

この2つを紹介していきます。

こんなに美味しかったっけ?となった食材

水分補給もできるスイカ

気持ち悪いし何もやる気が起こらず生産性ゼロの自分に嫌気がさしていました。

そんな時に、近くに住む妹がスイカを持って現れました。

なつはな

さすが我が妹。夫にはない発想をお持ちで。

今年初めてのスイカだったこともあり、とても美味しく感じられました。

適度な甘みとたっぷりの水分でカラダの余分な熱が出ていくような感覚になりました。

夜の8時頃に食べましたが、毎朝の気持ち悪さがありませんでした。

スイカの旬は夏!

特に6-7月が収穫のピークでまさに旬の食材です。

旬の食材は、

  1. 美味しい
  2. 安い
  3. 栄養価が高い

といいことずくめです♪

しばらくスイカは常備したいと思います。

初夏が旬のトマト

つわりの症状が和らぐと気づいた初めての食材がトマトです。

熟したものより、固めで酸味のあるフレッシュなトマトがおすすめです。

食べた瞬間から気持ち悪さがすーっと抜けていくので感動しました。

トマトをスライスしておいて、少しずつ食べるようにして乗り切っています。

トマトのは夏野菜のイメージが強いですが、旬は初夏と秋です。

6月の今はまさに旬の野菜ということでこちらも常備します。

なぜか無性に食べたいポテトフライ

もともとポテトフライが大好きなので、つわりになったから食べたくなったのか、もともとなのか分かりません。

マクドナルドのポテトが食べたくなる…という話ちょくちょく聞くので、やはりつわりが原因なのではと思っています。

  • ピザハットのポテト
  • マクドナルドのポテト
  • サブウェイのポテト
  • パスタ屋さんのポテト

このようにポテトをむさぼる毎日を送っています。

不思議と体重に変化はないので、お腹のベビーがポテトを求めているのかもしれません。

好みは細目のカリカリフライドポテトです。

一時的にやめて楽になったこと

通勤

勤務体系を在宅勤務に切り替えてもらい、自分のペースで働ける環境を整えることができました。

報告のタイミングとしては少し早いですが、つわりの症状が出始めた6週目で上司に報告しました。

上司に話した内容は、

  • 妊娠6週目であること
  • つわりの症状があり、今までと同じ働き方ができないこと
  • まだ流産の危険性が高い妊娠初期のため、他部署への報告は最小限にしてほしいこと
  • 産休に入る時期

この4つです。

この報告を受けて上司は、「おめでとう」という言葉と共に翌日から在宅勤務に切り替える措置をしてくれました。

理解のある職場でよかったとほっとしています。

この日からつわりの症状が少し軽くなりました。

なつはな

しんどい。気持ち悪い

そんな風に思いながら働くこと自体がつわりの原因だったようです。

みんなと同じ働き方ができないことに少しの罪悪感を感じていますが、

いきなり休職・退職するよりは、

働き方が変わるだけで今まで通りの業務をこなしてくれる方が、会社としてもありがたいはず!

と思うようにしています。

料理

料理をやめると、

  • 献立を考える
  • 食材を購入する
  • 食材の在庫管理
  • 調理
  • 後片付け

これ、全部やめることができます。

家事の中でも負担が大きい料理をやめることで、精神的にも体力的にもかなり余裕がでました。

では普段の食事はどうしているのかというと、

  • 宅食
  • Uber Eats

この2つで乗り切っています。

僕は意外と自分のことは自分できるから大丈夫だよ。

なつはな心の声

(こういう時は、自分のことだけなく私のこともやってほしい…。)

そんな夫の食事は外食もしくは宅食です。

宅食は「NOSH – ナッシュ」 という電子レンジで温めるだけの冷凍のお弁当です。

  • 500円台/食
  • 栄養完璧
  • 弁当としてもOK
  • 見た目もおしゃれ

このあたりが決め手をとなり、「NOSH – ナッシュ」を選びました。

その他の食事は、Uber Eatsを利用しています。

確かに自炊するより食費はかかりますが、いつまでも続くわけではありません。

とりあえず今は、食べたいものを食べたいだけ、楽して食べようと思っています。

トマトやスイカを切る以外の調理を一切しなくなってから、なんだか心もつわりも軽くなりました。

さいごに

心身ともに辛い時期だとお察ししますが、食べたい食材はありましたでしょうか。

食べられないとどうしても元気をなくしてしまします。

自分が食べれるものを食べると同時に、

ストレスの元を解消するすることが大切だと感じています。

一緒に乗り越えましょう!